レポート

「川嶋あい 勇気の唄 第14回」(2006/01/06)

今回の内容

1. オープニング

みなさん。あけましておめでとうございます。川嶋あいです。いやあ、もう2006年に突入しました。今年もぜひよろしくお願いします。

(中略)

2. 曲オンエアー

川嶋あい「Dear」

3. 2006年、川嶋あいの挑戦

今日は、2006年、1回目の勇気の唄なんですけども、お正月明けということで、リスナーの皆さんからの、たくさんの年賀状メールをいただきました。本当にありがとうございます。ちなみに、年賀状といえば、全然書いてないですね。今年もちょっと。書かずじまいで終わってしまいました。でも、来年は、、、これ、来年、目標にしよう。今年の目標じゃなくて。ちょっとすっ飛んで来年になりましたが、来年の目標は、必ず、年賀状を書くってことですね。30枚以上は、書こうと思います。がんばります。ということで、本当にみなさん、年賀状ありがとうございました。
来年のこといったら、鬼が笑いますよね。そうですよね。なので、今年のことを決めましょう。今日は、新年最初の放送なので、2006年をどんな年にしたいか、ラジオのなかで目標を掲げて、皆さんに公約を、約束をしたいと思います。題して「2006年、川嶋あいの挑戦」。ということで、さっそく、挑戦したいことを皆さんに発表したいと思います。

1つ目:「免許を取ること」

免許は、もう大事ですね。やっぱり、教習所に通うべきですよね。でもね、すごい恐れているのが、教官というか、教えてくださる先生がみんな怖いって言うんですよ。あたしの周りの友達で、免許を取ってる、取りに行っている子が、教習所に行くと、やっぱり、厳しいって言うんですよね。それが心配だなって思って。怒られたらどうしようって感じなんですけど。でも、やっぱり、ドライブしたいですね。

(中略)

2つ目:「英語をしゃべれるようになる」

英語は、ちょっとやっぱり、グローバルな感じで行きたいですね。今年は、さらに、国際的になりたいなと思うんですけど。昨年、タイとか韓国にライブに行きまして、それで本当にこう、言葉って、特に英語をやっぱり国際語ですからね。本当に大切だなって痛感しまして、MCとか、日本語でしゃべっても別にいいんですけど、やっぱり、現地の言葉とか、聴いてくれる人がわかる、伝わる言葉で、本当に話したいなあと思って、その第一歩として、英語はまず、マスターしたいなあと思いますね。

(中略)

3つ目:「料理 & 掃除が出来る女性を目指す」

今年でもう、成人、20歳になるので、いろいろと自覚をもって、行動して行きたいと思うんですけど。

(中略)

4. 勇気の言葉

新年

昨日の自分が死んで、
今日の自分が生まれてくる。
新しい年を迎えると、
回りもあわただしいけど、
実は、自分の心が、
いちばんいそがしい。
一種の、螺旋階段。
過去や、目標、夢、いろんなものが、
そこに混在して、
自分は、その一段一段に、
ちゃんと、足を踏みつけて、
いかねばならない。
新年て言うのは、
浄化作用がある。
自然なエネルギーで、
自分と向かい合わせてくれる。
もうひとつ、忘れちゃいけないのは、
願い事、ひとつ。
何でもいいから、手を合わせて、
そっと、神様に、頼んでみる。
どうか、今年1年が、
幸せでありますように。

川嶋あい

5. エンディング

(中略)

実は、今度の月曜日、成人の日ですけど、わたくし川嶋あい、実は、来月、20歳になります。ということで、成人式なんですけど、来週。早いですね、20歳は。ちょっと、寂しい感じはしますね。最後の10代。でも、成人としても、がんばって成長していきたいと思いますので、来週は、そうですね、成人について、お話してみたいと思います。せひ、みんなお楽しみに。ことしも勇気の唄、よろしくお願いします。それでは、バイバイ。