レポート

「川嶋あい 勇気の唄 第24回」(2006/03/17)

今回の内容

1. オープニング

(中略)

先週の土曜日、神戸に行って、卒業式サプライズライブを行ってきました。これは、1月、2月から、募集にかけていたんですけど、全国で、たった1校だけ、卒業式ライブを行うと言うことで、神戸の飛松中学校と言うところに決定して、行ってきました。やっぱり、サプライズライブだったので、もうみんな、ぎゃーって感じで、すごい驚いて、本当、喜んでくださったんで、よかったなあと思って。卒業生のみんな、とってもキラキラしてましたね。もうなんか、かわいくてね。「旅立ちの日に…」をね、1曲、歌わせてもらったんですけど、先生しか知らなかったんですよ。なので、先生もものすごく張り切って、気合が入ってらっしゃって、いろいろ、演出を考えていらしたんですよ、粋な演出を。あたしが、ステージに幕があるんですけど、そのステージに幕を下ろしてスタンバイしていると、そのステージの前で、卒業式のみんなが集まって、先生とちょっと、お話をしていて、飛松中学校のみんなから、それまで、ずっと、あたしに、アツイメッセージを贈ってくださっていて、「川嶋あいさん、どうしても、来てほしいです。」って、で、先生がその話を生徒さんにしていて、「川嶋あいさん呼んだのにね、本当、残念だったね、今日は。」っていうお芝居を入れて、で、「みなさんにプレゼントを用意してきました。」って、緞帳を上げてくださいって言ったら、あたしがいるんですよ、そこに。で、あたしの足が見えるじゃないですか。「えーっ!! あの足は!!」みたいな。
でも、開いた瞬間、ぎゃーってみんなね。本当に、あれは、びっくりしますけど。先生と生徒さんが本当に、仲良くて、あたしも、いい卒業式に、立ち会えたなあと思って。感謝してます。

ここで、1通、メールを紹介、ペンネーム、 あやか さん。

あいちゃん、聞いてください。なんとあたしの学校の卒業式で歌う、3年全員合唱で、「旅立ちの日に…」が歌われることになりました。卒業式に、あいちゃんの歌、しかも、あたしが大好きな歌が歌えるなんて、最高です。泣いちゃうかもしれません。最高の卒業式にしたいです。


神戸市立飛松中学校 ( http://www.kobe-c.ed.jp/tbm-ms/ )

2. 曲オンエアー

川嶋あい で、 「旅立ちの日に…」

3. みなさんのドキッとするしぐさ

先週の放送で募集した、「みなさんのドキッとするしぐさ」
ここで、いくつか紹介します。

群馬県の まーくん さん。

ノートをとりながら、何気なく左手で、右側の紙を、右耳にかけるのが、たまらなくいいです。


北海道の 恋する乙女さくらこ さん。
あたしが、男の人にドキッとするしぐさは、しぐさと言うより、いきなり顔が近くにきたときです。


埼玉県の ブルースカイホッシー さん。
僕にとって、女性のドキッとするしぐさは、エプロンをする瞬間ですかね。これから料理作るぞって目をして、後ろの紐を結ぶ姿なんて、最高ですね。


ほかにもありました。

4. 勇気の言葉

旅立ちの日に…

雨の湿ったにおいが広がる体育館、
両手で、卒業証書を受け取った。
今日は、旅立ちの日、
たくさんの思い出を、ありがとう。
みんなで歌った、別れの歌、
ずっと、この校舎が聞いていた。
いろんなことがあったね、
この場所で。
そして、自分が生きてきた中でも、
いろんなことがあった。
今日から、みんな、バイバイして、
新しい道を、歩いていく。
この涙を、忘れないでいよう。
卒業、おめでとう。

川嶋あい

5. エンディング

(省略)